団塊ボーイズ


オッサンじゃないけど、団塊世代じゃないけど、それでもほんのわずかな時間カミングアウトしたくなる気持ち、わかるんだなー。実生活であんな窮屈に生きてたら、ハメをはずしたくなっちゃうよな。バイクに乗ってのびのびとしている4人のオッサンたちを見るのがとても楽しかった。湖でゲイのお巡りさんがきたりとか、スタンドを爆破しちゃったりとか、暴走族?!(ふるっ汗)と勇敢!?にも戦ったり、いきあたりばったりの人生を楽しませてもらったわっ。気のせいか!?トラボルタはメチャ活き活きしてたなぁ〜たらーっ 

2009/5/3 WOWOWにて録画鑑賞

チーム・バチスタの栄光



医療サスペンスドラマ!?っていうことで、どんだけサスペンスなんだ?とおもってたんだけど、バチスタ手術の調査をまかされた人が心療内科の竹内結子ってのがふんわりとした人柄で緊張感がなかったのが残念。現実の世界では絶対にこういう人は下っ端よっ!!それに外人だと歳が若くても老けてみえるし、しっかりしてるから変な違和感も感じないのに、日本だと、こういう重要なポジションに若い女性がつくことじたいが考えられないのでやっぱりトレンディードラマの世界だなぁ〜と。

でも阿部寛が出てきたらけっこう面白くなりましたね!そこはやっぱ彼のキャラクターのおかげでしょうか。しかも執刀医の桐生先生の目が原因!?とおもってたら、まだ先があってそのへんの展開は楽しめましたね。

ただ、医療の内容がどーたらこーたらっていうのは、はっきりいって素人にはまったく先が読めない展開ですよね!だから犯人が誰だ?ってぜったい検討もつかないとおもうけど・・・でもそんな自分に腹をたてることなく意外な人が犯人でけっこう楽しめちゃいました〜。

ただ・・・ソフトボールのシーンが余計なだけ。。。

ディセント

THE DESCENT
THE DESCENT
JUGEMテーマ:映画

いや〜久しぶりにホラーを見た!といった満足感です。
最初の交通事故が絡んで後までずるずるひきずるのかな?とおもったけど、洞窟の中に入ったらそんなのぶっとび!化け物が出てくるまでは、暗いの狭いの息苦しいー!ってかんじだったけど、アレが出てきたらさらにアドレナリンが出まくるというかテンションあがっちゃったわ。洞窟を探検するくらいの彼女たちだから男勝りなかんじはあったけど、後半はそれ以上にタフな彼女たちにビクリ。まあ、最初から洞窟を探検するなんて、スゴイナーとおもってたけどね。私だったら、暗くて狭い洞窟なんて見てるだけで窒息しそうで探検なんてごめんだわっ。
でも、面白かったー!

2008/11/16 WOWOWにて録画感鑑賞

トリスタンとイゾルデ

JUGEMテーマ:映画

これ映画館で見そこなっちゃって、ずーっと見たい!とおもっていた作品です。

中世の騎士物語と美しくて哀しい愛の物語が両方堪能できました。特にマーク王がいい人なのでイゾルデがマーク王に嫁いできてから切ない。。。幼少の頃、彼に助けられ育てられたトリスタンのことをおもうと、ほんと胸が苦しかった。二人のことが発覚してもマーク王は二人を逃がそうとまでしてくれたのに、王のもとへ戻ったのはやはりトリスタンの王への忠誠心からか・・・女としてはここで一緒に逃げてほしかったんですけどね〜。

2008/7/6 WOWOWにて録画鑑賞

DOA/デッド・オア・アライブ

DOA デッド・オア・アライブ デラックス版
DOA デッド・オア・アライブ デラックス版

JUGEMテーマ:映画


どうしてもデヴォン青木は、松田聖子+工藤夕貴/2 という顔に見えてしかたないんだけどォ〜たらーっ しかも去年見たローグ・アサシンでの サラダ持ってきてよ! というセリフがいまだに頭にこびりついて離れません。

そんな彼女が主役!?の作品。まぁ〜、アクションに徹していたいたためか?!あまりおかしいセリフがなかったのがちょっと残念でしたが。それでも冒頭からいきなり、ハリウッド的ニンジャ映画!?かとおもわせるような映像をみて、わざわざ映画館まで見に行かなくてよかったぁ〜汗 とおもったのでした。だって、お城の門を飛び出したら・・・いきなりスカイダイビングって・・・なんなのさっ〜たらーっ どんだけ高いところに城があるんだか。しかも格闘家たちはお色気ムンムンの美女たちばかりだし。
ケイン・コスギもアクションだけってかんじだし。

ある意味おもいっきり楽しめる作品なんだけどねぇ〜汗 家でだらだら見てしまったので、おもいっきり突っ込んで見ちゃいました。

2008/2/18 WOWOWにて録画鑑賞

ダイヤモンド・イン・パラダイス

ダイヤモンド・イン・パラダイス
ダイヤモンド・イン・パラダイス
いままでボンド役としてのピアース・ブロスナンは、はまり役だったんだけど、ニュー・ボンド(ダニエル・クレイグ)がスクリーンに現われてからめっきり老けたなぁ〜と、おもいつつ見ていました。でも・・・いやはや、女好きというかそっちほうめんはまだまだ若かったですねたらーっ

作品全体もそうだったけど、ダイヤを盗む、盗みっぷりが楽しかったです。序盤は「トーマス・クラウン・アフェア」みたいな華麗な盗みっぷりにボンドをダブらせて気分爽快だったわ〜。

それと彼を追ってきたFBI捜査官が間抜け。でもけっこうこいつのおかげで後半は盛り上がったよ!・・・とおもったんだけどね〜たらーっ まんまといっぱいやられたよ汗 まっ、そのおかげでダイヤモンドよりも大切なものを手に入れたんだからよかったよね〜。

意外と見ても損はしない作品で、楽しかったです。

2007/9/7 ムービープラスにて録画鑑賞

Dearフランキー

Dearフランキー
Dearフランキー
子供に嘘をつくって、いかがなもんかな?とおもったけど、いいお話でしたよぉ〜。

フランキーがまだ見ぬ父親と交わす手紙。切手のアルバム。それらを大事そうに、嬉しそうに見つめるフランキーのあどけない顔がいとおしい。

何故引越しばっかりしてるのか?何故父親が船乗りだと嘘をついているのか?次第に理由はわかってくるけど、だからといって子供にニセの父親を・・・っていきすぎでは?と半分いらただしさもあったけど、父親役を引き受けたのジェラルド・バトラーが出てきてから考えが180度変わった!

フランキーが父親をいつまでも抱きしめてるシーンから始まって、一緒に過ごした時間〜、別れのシーンでは口がきけなかったフランキーが始めて言葉を喋ったりして、胸がいっぱいになった。きわめつけはラストにフランキーがほんとうの父親のことを知っていた、ってことが涙をさそいました〜。あんな身勝手な父親だったら、いくら死に際だといわれてもわたしも絶対に子供にあわせないな!

ジェラルド・バトラーは最近見た「300 スリーハンドレッド」の肉体がいまだに頭にこびりついていたんだけど、見てるうちにその幻影がどこかへいってしまいました。とってもいい父親役をやってくれました!

2007/8/26 ムービープラスにて録画鑑賞

トリプルX ネクスト・レベル

トリプルX ネクスト・レベル
トリプルX ネクスト・レベル
アイス・キューブ
いつの間にか出来ていたヴィンちゃん主演のトリプルXの続編。サミュエル・L・ジャクソン出演でもま、どうせたいしたことはないだろう?!とおもって見てたけど、けっこうはまって見ちゃいましたたらーっ

初っ端ののどかな農場のシーンからいきなり秘密組織!?に潜入っていうシーンがめちゃ好みでねぇイヒヒ なんか007みたいなコンビと武器!!

そして刑務所脱出シーンから最後の列車のシーン、アクション好きにはうけるはねグッド ちょっと最後はワイルド・スピードみたいだったけど。あ、どっちもヴィンちゃん主演かあっかんべー

子供の頃、日曜洋画劇場でたまたま見て、大当たりー!って作品でした。

2007/5/13 WOWOWにて録画鑑賞

ドッジボール

ドッジボール<特別編>
ドッジボール<特別編>
小学校のころにやったドッジボールとは大違いなのね!センターラインからいっせいにボールをとって試合開始とか、ボールが何個もコートを飛び交ったりとか、ボールを捕ったら1人コートに入れるとか・・・ずいぶんと変わったものだ。
子供がやるとかわいいドッジボールなんだけど、大人が・・・お金が絡むとやはりもの凄いことにたらーっ 練習も凄かったしなー。いや恐ろしい練習風景だった汗 
でも最後のサドンデス勝負は見ごたえありました!目隠しして、かっこよかったよォ〜!ボールをよけるシーンはマトリックスはいっていたけどさたらーっ
おばか映画だったけど、それなりに楽しんでみちゃった。

2006/8/20 WOWOWにて録画鑑賞

ティアーズ・オブ・ザ・サン

戦争映画だったので、なんとなく映画館で見そびれてしまった作品。


でも極端に腕や足が吹っ飛ぶとか、内臓が飛び出る、といった作品ではなかったので物語が進むとそれなりに見入ってしまいました。しかし何故、任務遂行率100%を誇るウォーターズが命令違反をしてまで女医と難民を救ったのか?!そのへんの気持ちがよくわからなかった。私がウォーターズだったら、間違いなくよけいなことはしないでとっと救出して生還すること間違いなしなのだけども。(苦笑)あ、だから彼の気持ちがわからないのかぁ〜(汗)


ブルース・ウィリスは、軍服を着たこういう軍人の役って渋くて似合っているよなぁ〜。「マトリックス」では何のために出演していたのかわからなかったモニカ・ベルッチだったけども、今回はお色気もなくてシックな演技で好感がもてた。お色気を売りにしなくてもやっていけるじゃん!(爆)



2005/4/30 WOWOWにて録画鑑賞