セル

ゾンビもここまで俊足だと、たちが悪いたらーっ
(ゾンビとはちょっと違うけどあえてそう呼ぶことにする)

スティーブン・キング原作らしい、謎に満ちた作品でした。
空港で突然人々が暴動しだしたから、
何が起こったのかわからずあっけにとられてしまいました。
でもゾンビ化してるのを観てすぐにハイテンション〜!(おいったらーっ

普通のゾンビだったらノロノロしてるので圧倒的に人間が有利なんだけど、
人間と同じように走ったり、狂暴化するので、
おぉ〜〜!と心の中で叫びながら観てました。

でもここまででしたね。
携帯電話してた人たちが・・・
ってのは現代人に対して凄い皮肉で面白かったんだけど、
電波塔の周りをぞろぞろ行進したり車爆発させたりして結局なんだったのよ?
と尻つぼみなラストでポカ〜ン唖然撃沈

映画館出てすぐにスマフォを手にしたのは私ですあっかんべー

*サミュエル・L・ジャクソンはただの地下鉄の運転手じゃない!と思ったらやっぱりね。

 

2017/2/18 ★★★

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2017/02/19 19:29
>itsukaさん、
雰囲気だけはスティーヴン・キングばりばりで
序盤は期待大だったんですが、、、
後半は疾走しましたね(汗
もう意味不明でしたわ。
映画全体の雰囲気はスティーヴン・キングでしたね。
でもやっぱり、あのラストの意味が分からない〜(笑)
これってゾンビ風にしたかったんでしょうけど
電波で完全ゾンビにさせるには相当無理があったのかな(爆)

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2017/08/06 20:27
前半は良かったのになぁ。
  • 西京極 紫の館
  • 2017/02/21 22:40
【出演】  ジョン・キューザック  サミュエル・L・ジャクソン  イザベル・ファーマン 【ストーリー】 離れて暮らす妻と息子に空港から電話をしていた作家のクレイだったが、携帯の電池が切れてしまう。すると、周囲で携帯電話を使用していた人々が突如凶暴化し他人
  • パピとママ映画のblog
  • 2017/02/21 19:35
スティーヴン・キングの同名ベストセラーをジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンの共演で映画化したホラー・サスペンス。携帯電話で謎の電波に感染した人々が次々と凶暴化していくパニック状態の世界で決死のサバイバルを繰り広げる主人公たちの運命を描く
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/02/18 21:43
評価:★☆【1.5点】(11) “携帯電話の電波感染”で終末化する人類。これだけで地雷の宝庫^^;