ジャッキー ファーストレディ 最後の使命

ジャッキーが嫌な女性に見えた。
いかにして夫が世間から忘れ去られないためにと、
リンカーンの葬儀のように歩くとか言ってるのを見たらちょっと幻滅。
取材に来た記者に対してもタバコぷかぷか高慢な感じ。

ジャクリーン・ケネディのイメージが崩れた。
彼女の喋り方もなんか気取っていて。
演じたナタリー・ポートマンも痩せすぎていたし。

あとドキュメンタリーっぽい単調な作りだったので、
自分の中では全然盛り上がる場面もなく淡々と鑑賞していました。
葬儀にこだわらず、彼女の波乱万丈な人生を観たかったですね。

木スぺとかで犯人は誰だ?とか、どこから狙撃した?とかよく放送ていたのを思い出した。
そっちのほうがはるかに面白かったな〜(こらっこらっ全然違うってばたらーっ

葬儀の時、幼い息子が敬礼したシーンが見たかったな〜。

 

2017/4/1 ★★★

 

 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • 気ままな映画生活 −適当なコメントですが、よければどうぞ!−
  • 2017/04/15 13:13
『ジャッキー ファーストレディ最後の使命』 を試写会で鑑賞しました。 1時間39分と尺は短いものの長く感じた... 【ストーリー】  1963年11月22日、テキサス州ダラス。パレードをしていたジョン・F・ケネディ大統領が、群衆とファーストレディであるジャクリーン(