ハクソー・リッジ

朝一の上映時間にもかかわらず意外にも観客がいてちょっとびっくりしました。
しかし、おじいちゃん率高しでしたが。
最近まで“ハクソー・リッジ”ってヨーロッパのどこかの地名かと思ってました。
まさか沖縄のことだったとわ汗
なるほど、年配の方が多いわけだ。

最初は敵が日本兵とは複雑な心境で観ていたけども、
戦場で一人でも多くの人を助けるデズモンドの姿に胸打たれました。
入隊を志願したのに銃も持てないなんて!と最初はいらっとしていたけど、
戦場では臆することもなく目の前の負傷兵を助ける姿に目頭が熱くなった。

特にあの断崖絶壁の壁から負傷した人を一人で下ろすのには驚きでした。
自分だったら、同じ部隊のひとたちにふるぼこにされた事を決して忘れないだろうな〜と。

過酷な戦場シーンを観て、
今でならドローンでピンポイント攻撃だな、
と思ってしまった。すみません。。。

しかし、投降するふりして手榴弾ってそりゃないだろう!

 

2017/6/24 ★★★★

スポンサーサイト

Comments

  • 管理人
  • 2017/07/01 17:27
>にゃむばななさん、
一人残って75人も救ったのは凄かったですね。
何よりも崖から降ろしてるのはびっくりでした。
特攻隊を始め命を投げ出す日本兵は怖かったでしょうね。
  • 管理人
  • 2017/07/01 17:24
>itukaさん、
手榴弾の件は嘘ですかね?
だったらいいんですけど。
近隣の国から誤解うけたらいやですわ〜。
メル・ギブソン監督も捨てたもんじゃなかったですね!
  • 管理人
  • 2017/07/01 17:22
>BROOKさん、
私も投降するふりして手榴弾って、
ホントにあったんでしょうか?作り話なんでしょうか?
気になりました。
あの手榴弾シーンも誇張しているんでしょうね。
でも当時の日本兵なら、ああいう特攻はやっていたでしょう。
そんな命を投げ出してでも敵を倒す日本兵ばかりの戦場で、たった一人で75人もの命を救ったデズモンド・ドスは凄すぎますよ。
誇りある日本兵がまさかの投降?でしたし
直後の手榴弾は絶対にウソだと思いましたよ。
まあ作ったもん勝ちですからいいですけど
メル・ギブソンの監督としての腕もまだまだ健在で
そこは嬉しかったです(笑)
日本人としてはちょっと日本兵の描き方が気になってしまいました。
たしかに投降するふりをして手榴弾って…^^;
ホントにこんな感じだったのでしょうか?気になるところです。

戦闘描写は凄まじいのひと言でした。

Leave a Reply




Trackbacks

Trackback URL
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2017/07/16 01:18
後半の戦闘シーンの描写が凄い。
  • ネタバレ映画館
  • 2017/07/05 22:07
 金〇男にヒヤヒヤしたんじゃなーい?
  • 風に吹かれて
  • 2017/07/04 20:06
もやい結びで もうひとり あともうひとり 公式サイト http://hacksawridge.jp 実話を基にした映画 監督: メル・ギブソン バージニア州で育ったデズモンド(アンドリュー・ガーフィー
  • こねたみっくす
  • 2017/06/25 23:39
武器を持たずに英雄になった兵士がいた。 これが信仰の為せる業なのか。これが実話だというのか。 沖縄戦終結から72年。衛生兵としてハクソー・リッジこと前田高地にて75人の兵士 ...
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2017/06/24 23:59
メル・ギブソンと言えば… 演技は勿論、監督になっても「やや?かなり?エキセントリック」 なので、気になっちゃう点が、× 3つ も!(笑) その1. 監督が「エキセントリック」なので、過去のごとく「暴力シーンがエグい!」 鑑賞してみる
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2017/06/24 20:34
評価:★★★★☆【4.5点】(00) メリハリあるドラマと音楽の使い方で人は簡単に泣ける。
  • 日々“是”精進! ver.F
  • 2017/06/24 20:07
必ず、助ける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706240001/ 【輸入盤】Hacksaw Ridge [ ハクソー・リッジ (原題) ]